一流セラピストのタオルワーク5つのポイント! - 国際資格認定のセラピストスクール

query_builder 2022/02/04
ブログ
セラピストのタオルワーク

イギリス国際資格認定・セカンドキャリアのためのセラピストスクール「マジックハンズ・セラピストアカデミー」の手島です。



前回のブログでは、タオルワークにこそ、セラピストのレベルが顕著に現れるということをお伝えしました。


つまりタオルワークが上手なセラピストは、トリートメントの質も高いということです。
それは常にお客様の心身の変化に心配りをして、臨機応変なケアができるからだと考えられます。


それだけタオルワークは、セラピストにとって最も初歩的なことでありながら、大変奥が深いテクニックです。実際にタオルワークだけの講座をしているセミナーやスクールは少なくありません。




タオルワークを行う際のポイントは数多くありますが、その中でも基本的な5つをご紹介します。これからセラピストを目指す方のご参考にして頂ければ幸いです。





タオルワークのポイント




ゆっくり丁寧に動かす


タオルの揺れで風を起こさないようにゆっくり動かします。特にタオルが身体に触れる時や離す時は丁寧に行いましょう。寝ている赤ちゃんやペットを起こさないような気持ちで行うと、自然に優しくなるかもしれませんね。



②手際良く、やり直しを少なくする


タオルワークの動きが早過ぎたり遅過ぎても、お客様によっては不安を感じる可能性があります。動きはゆっくり且つ、できるだけやり直しを少なく手際良く行いましょう。スムーズにできるようになるには繰り返しの練習が必要です。



③次の動きを予測する


ちょっとした配慮で無駄な動きをなくすことができます。例えば次の施術箇所に移る際に、その前の段階で次の動きを予測して、タオルの端を手の届きやすいところに折り返しておくと、動きを少なくスムーズなタオルワークができます。



④タオルと身体の間に隙間を作らない


人の身体は立体的でカーブがありますので、一方向から見るとタオルでカバーされているように見えても、足元や肩先などに隙間ができて冷たい空気が入ってしまうことがあります。また、お客様が動いてタオルがずれてしまう場合もありますので、常に目配りしましょう。



⑤タイミングよくお声がけする


タオルを動かして肌を露出する際など、リラックスされているお客様を驚かせないようにお声をかけて行います。ただし毎回だと煩わしく感じられる場合もありますので、タイミングをみることも大切ですね。





トリートメントの始まりから終わりまで、タオルワークでできることはたくさんあります。技術以外の部分でもお客様の記憶に残り、また受けたいと思っていただけるようなタオルワークを身につけられるように頑張りましょう!




マジックハンズ・セラピストアカデミーでは、一流ホテルスパで通用するタオルワークのテクニックを指導します。また、オンライン大学やYouTubeチャンネルでは、主任講師・関野のタオルワークの動画を配信しております。


セラピスト未経験の方はもちろん、経験者の方のスキルアップにもぜひ見直してみてはいかがでしょうか?


=============================================================

イギリス国際資格認定セラピストスクールを東京・名古屋・大阪・広島・福岡で開校

マジックハンズ・セラピストアカデミー

03-6659-6567

info@magichands-ac.jp 

==============================================================

NEW

  • いまこそ『手に職』をつけるとき! - 国際資格認定のセラピストスクール

    query_builder 2022/10/02
  • 【福岡校】第17期(2023年2月認定試験)通学スケジュール|国際資格認定のセラピストスクール

    query_builder 2022/09/17
  • 【広島校】第17期(2023年2月認定試験)通学スケジュール|国際資格認定のセラピストスクール

    query_builder 2022/09/17
  • 【名古屋校】第17期(2023年2月認定試験)通学スケジュール|国際資格認定のセラピストスクール

    query_builder 2022/09/17
  • 【大阪校】第17期(2023年2月認定試験)通学スケジュール|国際資格認定のセラピストスクール

    query_builder 2022/09/17

CATEGORY

ARCHIVE