セラピストという職業の5つのやりがい|国際資格認定のセラピストスクール

query_builder 2021/07/19
ブログ
やりがい

イギリス国際資格認定校・セカンドキャリアのためのセラピストスクール「マジックハンズ・セラピストアカデミー」の手島です。


新しい世界に飛び込む際は、誰もが勇気が必要です。


そのなかで、オフィスワークなど異業種からセラピストに転職した方の多くが、

「大変なこともあるけど、セラピストになってよかった」

と言います。



例えばどんなことが、セラピストとして働く上でのやりがいに繋がっているのでしょうか?



◆ 今まで培ってきた経験やスキルが活かせる ◆

セラピストは、施術や会話を通してお客様を幸せにする究極の接客業です。

飲食や販売、ホテルのフロントやオフィスの受付等、他の接客業の経験がある方は、基本マナーや接客方法を存分に活用できます。

子育てや医療・介護の経験も、人に触れる仕事には大いに役立ちます。

また、オフィスで働いた経験があるセラピストは、オフィスワークで起こりやすい心身の不調を察知できることが強みになります。



◆ 自分自身が健康で美しくなれる ◆

セラピストはお客様の心身のケアを第一に考えますので、施術前後のカウンセリング(コンサルテーション)では、日常生活の過ごし方・健康になるためのアドバイスを行ったり、お客様から相談される機会も多いでしょう。

自分自身が取り組むことで説得力が増しますので、自然と健康に関する意識が高くなります。

また、福利厚生で施術を受けることができたり、施術で使用するコスメを社販価格で購入できるサロンもあり、「自身のケア=仕事」につながる好循環が生まれます。



◆ 人間関係にプラスに働く ◆

セラピストとしてお客様とコミュニケーションをとる機会が増えると、傾聴スキルが上達したり、相手の気持ちを汲み取りやすくなります。

始めはうまくいかなくても経験や勉強を重ねることで、日常生活でもコミュニケーションがスムーズに運んだり、人間関係が良好になるということが大いにあります。



◆ 収入や働き方を選ぶことができる ◆

一般的に、セラピストは収入が低いと言われるものの、サロンによっては固定給+売上に合わせて歩合給や指名手当などがプラスされる場合があります。

また業務委託の場合は施術時間が収入に還元されるので、実力次第で高収入が得られることも少なくありません。

また、自宅の一室をサロンにしたり出張セラピストとして独立開業すると、定年退職もなくフレキシブルに働くことが可能です。



◆ お金に代えがたいやりがいを感じられる ◆

セラピストの仕事は、施術サービスの対価としてお金をいただくことですが、何よりもお客様を「笑顔にする・喜ばれる・感謝される」ことに、お金には代えがたいやりがいを感じているセラピストが多くいます。

リピーターのお客様から、日常の変化や嬉しい報告を受けることもあり、お客様の人生に寄り添いながら自分自身も成長することができます。



現在のコロナ禍においては、医療従事者の方々が多忙を極める中、

医療の力が必要になる前に(医療の手から離れた後も)、お客様の心身をサポートすることが、セラピストにできる使命でもあると私たちは考えています。



この5つ以外にも、セラピストという職業のやりがいは様々あります。

皆さんは、セラピストのどのような部分に魅力を感じますか?



===================================================

イギリス国際資格認定セラピストスクールを東京・名古屋・大阪・広島・福岡で開校

マジックハンズ・セラピストアカデミー


TEL:03-6659-6567
Mail:info@magichands-ac.jp

===================================================


NEW

  • 【授業内容】リンパドレナージュコース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】感染予防対策コース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】インディアンヘッドマッサージコース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】オンサイトチェアマッサージコース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】スポーツマッサージコース

    query_builder 2021/07/03

CATEGORY

ARCHIVE