コロナ禍でのセラピストの必要性 - 国際資格認定のセラピストスクール

query_builder 2021/06/20
ブログ
コロナ禍におけるセラピストの必要性

イギリス国際資格認定・セカンドキャリアのためのセラピストスクール「マジックハンズ・セラピストアカデミー」の手島です。



新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内でうつ病・うつ状態の人の割合が2倍以上に増加したことが、経済協力開発機構(OECD)のメンタルヘルス(心の健康)に関する国際調査で確認されたということが、先日ニュースになっていました。

特に、若い世代や失業者、経済的に不安定な人に、うつ状態の人が増えているそうです。



「コロナ疲れ」「自粛疲れ」という言葉に代表されるように、うつ病と診断されるほどの状態ではなくても、様々な不安やストレスを感じて、疲れが取れない・眠れない・落ち込む・イライラする…という不調を感じている人は少なくありません。


また同時に、生活雑貨や食品業界などでも「癒し」をキーワードにしたものを多く見かけるようになりました。



そもそも、日本において「癒し」の概念が広まったのは、1995年の阪神・淡路大震災からと言われています。


被災地にボランティアとして、ハンドマッサージやフットバスなどを提供した方たちの存在が、当時は一般的ではなかった「マッサージセラピスト」や「アロマセラピスト」という言葉が知られるきっかけになったとのこと。


「セラピスト」という言葉は、現代では当たり前のように耳にしますし、社会的な地位を獲得した職業と言えます。




これからは新型コロナウイルスと闘うのではなくて、ともに共生していく時代になると言われています。


誰にでも気軽に身体を委ねられる状況ではない中、病院に行くほどではない不調を抱える人や癒しを求める人から、今後さらに質の高いセラピストが求められるでしょう。




=================================================

イギリス国際資格認定校・セカンドキャリアのためのセラピストスクール

マジックハンズ・セラピストアカデミー


TEL:03-6659-6567

Mail:info@magichands-ac.jp

=================================================


NEW

  • 【授業内容】リンパドレナージュコース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】感染予防対策コース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】インディアンヘッドマッサージコース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】オンサイトチェアマッサージコース

    query_builder 2021/07/03
  • 【授業内容】スポーツマッサージコース

    query_builder 2021/07/03

CATEGORY

ARCHIVE